麻婆キーマカレー(NISHIKIYA KITCHENCHEN にしき食品)【レトルト】

レトルトカレー

(2022年3月27日作成)

 

今回はNISHIKIYA KITCHENの麻婆キーマカレーをいただきました。

にしき食品のレトルトブランド、NISHIKIYA KITCHENのワールドシリーズのカレーです。

麻婆キーマカレーとは、どのようなカレーだったのでしょうか。

NISHIKIYA KITCHENの麻婆キーマカレーはしっかり辛くしびれがありそう

NISHIKIYA KITCHENの麻婆キーマカレーのパッケージです。

下にはカレーの写真がのっています。

挽き肉がたっぷり入った濃厚そうなカレーです。

パッケージの左には「四川風、たっぷりのひき肉と痺れる辛さ」と記載があります。

また写真の右上は「四川料理×カレー」と記載があります。

また写真の左上には「大辛」と記載があり、辛さ段階は5段階中の5です。

2022年3月25日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 麻辣キーマカレー

裏面です。

麻婆キーマカレーの説明が上部に記載されています。

「四川料理をイメージして、花椒の痺れる辛さと赤唐辛子のヒリヒリする辛さが特長のひき肉の旨みたっぷりキーマカレーです。」

麻婆とカレーは愛称がいいですね。

原材料欄には食肉(鶏肉(ブラジル)、豚肉)が初めに記載されています。

その他の原材料は炒めたまねぎ、たけのこ水煮、なたね油、トマトペースト、香味油、香辛料、おろししょうが、豆板醤、でん粉、砂糖、チキン風味調味料、にんにく、しょうゆ、小麦粉、食塩等が記載されています。

2022年3月25日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 麻辣キーマカレー

NISHIKIYA KITCHENの麻婆キーマカレーは強いしびれと辛さでご飯が進む

袋をあけるとトロトロとしたカレーが出てきます。

ひき肉もたっぷり出てきます。

2022年3月25日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 麻辣キーマカレー

カレーは普通の色ですが、ところどころに赤みがまじっています。

豆板醤などの麻辣の要素でしょうか。

具材は挽き肉がたっぷり入っています。

2022年3月25日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 麻辣キーマカレー

カレーを一口食べるとお肉のうまみとしびれが広がります。

しっかり辛くしびれが来て麻婆豆腐の味です。

ひき肉たっぷりでお肉の旨味もあります。

辛さはかなり強めで、食べ終わっても辛さとしびれが舌に残ります。

2022年3月25日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 麻辣キーマカレー

カレーの評価

実食日時:2022年3月25日

品名:麻婆キーマカレー

会社名:にしき食品

購入価格:380円(NISHIKIYA KITCHEN価格)

具材:鶏肉、豚肉

とろみ:トロトロ

表記辛さ:5/5(大辛)

判定辛さ:7

(ククレカレー甘口を1とした辛さです、辛さ★1のククレカレー甘口はほとんど辛さがありません)

ルー、ソースのとろみ具合:7

コク、うまみ:7

ひき肉の旨みを感じます

スパイシーさ:6

豆板醤の痺れの感じがたまりません

具の量:7

鶏肉と豚肉の合いびき肉がたっぷり入っています

総合評価:7

内容量:180g

カロリー:258kcal

たんぱく質:11.3g

脂質:16.9g

炭水化物:15.2g

食塩相当量:2.6g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

NISHIKIYA KITCHENの麻婆キーマカレーは痺れと辛さでご飯が進むカレーです。

食べるとすぐにしびれ感が広がります。

ひき肉の旨みとの相性もよく、ご飯が進みます。

辛さやしびれは強めで、食べた後もしばらくは舌に残ります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました