グリーンカレー(NISHIKIYA KITCHENCHEN にしき食品)【レトルト】

レトルトカレー

(2022年3月15日作成)

 

今回はNISHIKIYA KITCHENのグリーンカレーをいただきました。

にしき食品のレトルトブランド、NISHIKIYA KITCHENのワールドシリーズのカレーです。

グリーンカレーとは、どのようなカレーだったのでしょうか。

NISHIKIYA KITCHENのグリーンカレーは具たくさんの王道グリーンカレーと予想

NISHIKIYA KITCHENのグリーンカレーのパッケージです。

下にはカレーの写真がのっています。

グリーンカレーらしいビジュアルです。

鶏肉やきのこ類がたっぷり入っています。

パッケージの左には「本場の素材で仕上げた、辛口タイカレー」と記載があります。

また写真の右上は「タイ料理の代名詞」と記載があります。

また写真の左上には「大辛」と記載があり、辛さ段階は5段階中の5です。

2022年3月15日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 グリーンカレー

裏面です。

グリーンカレーの説明が上部に記載されています。

「タイ料理のグリーンカレーを、ココナッツミルクとパームシュガーの甘さ、青唐辛子の辛さが際立つ味わいに仕上げました。」

グリーンカレーらしいグリーンカレーと想像されます。

原材料欄にはココナッツミルク(タイ製造)が初めに記載されています。

その他の原材料は鶏肉、カレーペースト、ふくろたけ水煮、たけのこ水煮、なたね油、パームシュガーペースト、ココナッツミルクパウダー、魚醤(魚介類)、チキン風味調味料、でん粉、抹茶ペースト、コリアンダー、こぶみかんの葉、クミン等が記載されています。

グリーンカレーですがコリアンダーやクミンも使われているのは珍しいです。

2022年3月15日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 グリーンカレー

NISHIKIYA KITCHENのグリーンカレーはシャープな辛さと具材が良くあう

袋をあけるとトロトロとしたカレーが出てきます。

鶏肉やたけのこなどの具材も出てきます。

2022年3月15日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 グリーンカレー

カレーの色は濃い緑です。

これほど緑が濃いグリーンカレーは見たことがありません。

具材は鶏肉やタケノコ、ふくろたけが入っています。

2022年3月15日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 グリーンカレー

カレーを一口食べるとシャープな辛さが広がります。

そのあとに若干まろやかさも感じます。

グリーンカレー特有の辛さとさわやかさが具材とよく合っています。

鶏肉はジューシーで、タケノコやふくろたけの食感も良くあっています。

辛さはかなり強めで、食べ終わっても舌に残るくらいの辛さです。

2022年3月15日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 グリーンカレー

カレーの評価

実食日時:2022年3月15日

品名:グリーンカレー

会社名:にしき食品

購入価格:380円(NISHIKIYA KITCHEN価格)

具材:鶏肉、タケノコ、ふくろたけ

とろみ:トロトロ

表記辛さ:5/5(大辛)

判定辛さ:6

(ククレカレー甘口を1とした辛さです、辛さ★1のククレカレー甘口はほとんど辛さがありません)

ルー、ソースのとろみ具合:7

コク、うまみ:7

まろやかでうまみがあります

スパイシーさ:4

グリーンカレー特有の爽やかなスパイス感があります

具の量:7

鶏肉とタケノコ、ふくろたけが入っています

総合評価:7

内容量:180g

カロリー:233kcal

たんぱく質:6.8g

脂質:16.6g

炭水化物:14.2g

食塩相当量:2.7g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

NISHIKIYA KITCHENのグリーンカレーはかなりパンチのある辛さが特徴のカレーです。

袋からあけると、濃い緑のカレーに驚きます。

食べるとグリーンカレーらしく、強めの辛さです。

ジューシーな鶏肉とタケノコ、ふくろたけの食感もカレーの辛さとよく合っています。

辛さはかなり強く、最後まで舌に残る辛さです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました