ジンジャーポークカレー(NISHIKIYA KITCHENCHEN にしき食品)【レトルト】

レトルトカレー

(2022年3月17日作成)

 

今回はNISHIKIYA KITCHENのジンジャーポークカレーをいただきました。

にしき食品のレトルトブランド、NISHIKIYA KITCHENのクリエイティブシリーズのカレーです。

ジンジャーポークカレーとは、どのようなカレーだったのでしょうか。

NISHIKIYA KITCHENのジンジャーポークカレーはしょうがの刺激もあるバランスの良いカレーと期待

NISHIKIYA KITCHENのジンジャーポークカレーのパッケージです。

下にはしょうがの絵がのっています。

パッケージの左には「高知県産生姜の風味が効いたポークカレー」と記載があります。

しょうがとポークは合いそうですね。

また写真の左上には「中辛」と記載があり、辛さ段階は5段階中の3です。

2022年3月17日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 ジンジャーポークカレー

裏面です。

ジンジャーポークカレーの説明が上部に記載されています。

「高知県産生姜と炒めたたまねぎの風味と甘みをバランスよく仕上げたポークカレーです。」

しょうがの刺激とたまねぎの甘みがうまく調和したカレーでしょうか。

原材料欄には豚肉(スペイン産)が初めに記載されています。

その他の原材料は炒めたまねぎ、リンゴピューレー、なたね油、しょうが、ヨーグルト、小麦粉、ウスターソース、チキン風味調味料、精製はちみつ、香辛料、砂糖、食塩等が記載されています。

りんごやヨーグルトなど、まろやかになりそうな材料も入っています。

2022年3月17日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 ジンジャーポークカレー

NISHIKIYA KITCHENのジンジャーポークカレーは甘旨さとしょうがの軽い刺激が楽しめるカレー

袋をあけるとトロトロとしたカレーが出てきます。

大きめの豚ばら肉も出てきます。

2022年3月17日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 ジンジャーポークカレー

カレーは薄い目の色です。

大きめの豚ばら肉と、細かい粒になったしょうがが見えます。

2022年3月17日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 ジンジャーポークカレー

カレーを一口食べると甘旨さが広がります。

ふんわりとしょうがの香りもいっしょに広がります。

大きな豚ばら肉はジューシーで、カレーと合わさりさらに旨みが出ます。

辛さは強くなく、甘旨さが強いです。

2022年3月17日 NISHIKIYA KITCHEN にしき食品 ジンジャーポークカレー

カレーの評価

実食日時:2022年3月17日

品名:ジンジャーポークカレー

会社名:にしき食品

購入価格:380円(NISHIKIYA KITCHEN価格)

具材:豚肉、しょうが

とろみ:トロトロ

表記辛さ:3/5(中辛)

判定辛さ:3

(ククレカレー甘口を1とした辛さです、辛さ★1のククレカレー甘口はほとんど辛さがありません)

ルー、ソースのとろみ具合:7

コク、うまみ:8

甘旨いカレーとしょうがの軽い刺激が調和しています

スパイシーさ:4

若干のクミン感があります

具の量:7

大きな豚バラ肉が入っています

総合評価:8

内容量:180g

カロリー275kcal

たんぱく質:9.7g

脂質:18.2g

炭水化物:18.0g

食塩相当量:2.4g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

NISHIKIYA KITCHENのジンジャーポークカレーは甘旨さとしょうがの軽い刺激が楽しめるカレーです。

カレーは甘旨く食べやすいです。

つぶつぶの細かい生姜がふんわりとした香りと刺激をカレーに加えてくれます。

ジューシーな豚ばら肉の旨みもカレーとよく合います。

辛さはなく、甘旨さと軽い刺激が楽しめます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました