インドカリー カルダモン香るカシミールビーフ(中村屋)【レトルト】

レトルトカレー

(2022年6月26日作成)

 

今回は新宿中村屋のインドカリーシリーズの「カルダモン香るカシミールビーフ」をいただきました。

インドのカシミール地方のカレーのようですが、どのようなカレーだったのでしょうか。

中村屋のインドカリーのカルダモン香るカシミールビーフは独特なスパイス感と辛さが楽しめそうなカレー

インドカリー カルダモン香るカシミールビーフのパッケージです。

ビーフスパイシー濃厚ビーフ辛さ突き抜けるグリルチキンスパイシーチキン旨味きわだつ海老のキーマベジタブルグリルドビーフ濃厚マイルドチキンタンドリーバターチキン香りとコクのキーマと同じく右半分はロゴで左半分にカレーの写真が掲載されています。

カレーの写真の上には「インドを旅する」と記載があります。

写真のカレーには牛肉がたっぷり入っています。

2022年6月26日 中村屋 インドカリー カルダモン香るカシミールビーフ

裏面です。

ビーフスパイシーやの濃厚ビーフ辛さ突き抜けるグリルチキンスパイシーチキン旨味きわだつ海老のキーマベジタブルグリルドビーフ濃厚マイルドチキンタンドリーバターチキン香りとコクのキーマとは異なり、「カシミール地方のカレー」の説明が記載されています。

「寒さが厳しい気候のため、辛いことが多いカシミール地方の料理は、ただ辛いだけではなく、コクがあり、スパイスからじっくり辛さと豊かな香りを引き出しているのが特徴です。「インドを旅する」気分で本格的なインドカリーをお楽しみください。」

また、下にはさらに説明が記載されています。

「野菜や果実に甘みと酸味に、唐辛子の香ばしい辛味とカルダモンやクミン、クローブなどの清涼感あうスパイスを鮮烈に効かせ、グリルした牛肉をじっくり煮込みました。奥深いコク、シャープな辛さと香りが楽しめるスパイシーなビーフカレーです。」

クローブや唐辛子で独特のスパイス感や辛さが楽しめそうです。

原材料は側面に記載されています。

原材料にはソテーオニオン(中国製造)が初めに記載されています。

その他の原材料としては、牛肉、りんごパルプ、ソテーキャロット、トマトペースト、デーツピューレ、乳等を主要原料とする食品、香辛料、砂糖、ラード、ビーフエキス、マーガリン、食塩、小麦粉、しょうがペースト、トマトケチャップ、酵母エキスパウダー、ウスターソース、バター、発酵調味液、ポークエキス、しょうゆ、香味油、卵白粉末等が記載されています。

また辛さ段階が裏面の右下に記載されています。

辛さ段階は「5/5」です

2022年6月26日 中村屋 インドカリー カルダモン香るカシミールビーフ

中村屋のインドカリーのカルダモン香るカシミールビーフは独特のスパイス感と辛さでご飯が進むカレー

袋からあけるとトロトロとしたカレーが出てきます。

途中から牛肉も出てきます。

2022年6月26日 中村屋 インドカリー カルダモン香るカシミールビーフ

カレーの色は欧風カレーに近いですが、濃い色ですこし黒味がかかっています。

牛肉はホロホロになるまで煮込まれており、小さくなっています。

2022年6月26日 中村屋 インドカリー カルダモン香るカシミールビーフ

カレーを一口食べるとはじめはしっかり辛く、あとから独特のスパイスの風味が広がります。

シナモンの香りが牛肉の旨みを引き出します。

スパイス感と牛肉でご飯が進みます。

辛さは強めで、最後まで舌に残るくらいの辛さです。

2022年6月26日 中村屋 インドカリー カルダモン香るカシミールビーフ

カレーの評価

実食日時:2022年6月26日

品名:インドカリー カルダモン香るカシミールビーフ

会社名:中村屋(セントラルパック株式会社)

購入価格:299円(北野エース価格)

具材:牛肉

とろみ:トロトロ

表記辛さ:5/5

判定辛さ:6

(ククレカレー甘口を1とした辛さです、辛さ★1のククレカレー甘口はほとんど辛さがありません)

ルー、ソースのとろみ具合:6

コク、うまみ:7

スパイスで牛肉の旨みが引き出されています

スパイシーさ:7

シナモンやクローブなどのスパイス感が強めです

具の量:7

柔らかく煮込まれた牛肉が入っています

総合評価:7

内容量:180g

カロリー182kcal

たんぱく質:8.6g

脂質:9.4g

炭水化物:15.8g

食塩相当量:2.3g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

中村屋のインドカリー カルダモン香るカシミールビーフは独特のスパイス感のあるカレーです。

はじめは辛さで、次にシナモンやクローブの香りが広がります。

牛肉の旨みもありごはんが進みます。

辛さは強めで、最後まで舌に残るくらいの辛さです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました