マトンのキーマ(無印良品)【レトルト】

レトルトカレー

(2022年4月28日作成)

 

今回は無印良品のマトンのキーマをいただきました。

マトンと言えばガツンとした旨みが特徴ですが、このマトンのキーマはどのようなカレーだったのでしょうか。

マトンのキーマはマトンのうまみと多くのスパイスでどのような味わいか楽しみなカレー

無印良品のマトンのキーマのパッケージです。

レトルトパウチにそのまま印刷したパッケージです。

パッケージ下部には濃い色のカレーにマトンがぎっしり入ったキーマカレーの写真がのっています。

写真の上には、マトンのキーマの説明が記載されています。

「マトンのひき肉をフェンネルやシナモンなど数種類のスパイスと煮込みました。ココナッツミルクをベースにした南インドのカレーがお手本です。」

マトンのうまみとフェンネル、シナモンのスパイス感で個性的な味わいとうまみが期待できそうです。

辛さ段階は「5段階の3」と記載があります。

2022年4月28日 無印良品 マトンのキーマ

裏面です。

シンプルに調理方法と原材料、栄養成分表示のみが書かれています。

原材料欄には羊肉(オーストラリア)が初めに記載されています。

その他の原材料は炒めたまねぎ、トマトピューレ―、なたね油、ココナッツミルクパウダー、野菜(にんにく、ピーマン)、おろししょうが、食塩、でん粉、コリアンダー、小麦粉、フェンネル、ターメリック、シナモン、クローブ、アニス、黒コショウ、クミン、カルダモン、酵母エキス、赤唐辛子、レモン濃縮果汁等が記載されています。

多くのスパイスとともにココナッツミルクも加わっており、複雑な味わいとも想像されます。

どんな風味や味のカレーか楽しみです。

2022年4月28日 無印良品 マトンのキーマ

マトンのキーマは辛さとスパイス感でマトンのガツンとした旨みが引き立つ

袋をあけるとトロトロとしたカレーが出てきます。

マトンのひき肉も出てきます。

2022年4月28日 無印良品 マトンのキーマ

カレーの色はやや淡い目の色です。

マトンのひき肉や粗挽きです。

2022年4月28日 無印良品 マトンのキーマ

カレーを一口食べるとマトンのうまみががつんと広がります。

マトン独時の風味とフェンネルの香り。

少し強めの辛さもうまみをどんどん引き出します。

ひとくせある味でごはんが進みます。

辛さは強めで、食べた後も舌に残るくらいの辛さです。

2022年4月28日 無印良品 マトンのキーマ

カレーの評価

実食日時:2022年4月28日

品名:マトンのキーマ

会社名:無印良品(にしき食品)

購入価格:350円(無印良品価格)

具材:羊肉

とろみ:トロトロ

表記辛さ:3/5

判定辛さ:5

(ククレカレー甘口を1とした辛さです、辛さ★1のククレカレー甘口はほとんど辛さがありません)

ルー、ソースのとろみ具合:6

コク、うまみ:8

マトンのクセのある旨みがクセになります

スパイシーさ:6

フェンネルやカルダモンの風味があります

具の量:7

粗挽きのマトンのひき肉が入っています。

総合評価:8

内容量:140g

カロリー:216kcal

たんぱく質:10.4g

脂質:16.1g

炭水化物:7.4g

食塩相当量:2.1g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

無印良品のマトンのキーマはマトンの風味とスパイス感で独特のうまみがあるカレーです。

始めはマトンの独特のうまみがガツンと広がります。

スパイス感もあり、フェンネルの風味が強めです。

辛さも合わさり、マトンのうまみが引き立ちます。

辛さは強めで、食べた後も舌に残るくらいの辛さです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました