ルンダン マレーシアカレー(株式会社フードサービス)【レトルト】

レトルトカレー

(2021年9月15日作成)

 

今回はルンダンをいただきました。

マレーシアのスパイス料理です。

どのような味だったのでしょうか

ルンダンはまろやかなアジアンテイストな味わいが期待できる

ルンダンのパッケージです。

右上には骨付き鶏がドン!と入ったルンダンの写真がのっています。

まろやかそうな色です。

カレーの写真の下には「化学調味料・小麦粉不使用」と記載があります。

さらに次の記載があります。

「スパイス、ハーブがたっぷり 濃厚で贅沢なコク」

右下には監修している馬來風光美食のエレンさんの写真が載っています。

2021年9月15日 株式会社フードサービス 36チャンバーズ・オブ・スパイス ルンダン

裏面です。

馬來風光美食の説明が記載されています。

「東京は荻窪で2000年創業の人気マレーシア料理<馬來風光美食>がルンダンを監修。マレーシアの美食の都、イポー出身のエレンシェフこだわりの本格中華系マレーシア料理をお楽しみください。」

中華の要素が入ったマレーシアのスパイス料理なのでしょうか。

原材料欄には鶏肉(手羽もと)が初めに記載されています。

その他の原材料は玉ねぎ、食用調合油、ココナッツミルクパウダー、ココナッツロング、レモングラス、おろししょうが、ガランガー、おろしにんにく、スターアニス、ココナッツオイル、タリマンド、食塩、カイエンペッパー、ターメリック、カルダモン、砂糖、シナモン、カフィアライム等が記載されています。

ガランガーはインドネシアのしょうが、カフィアライムはコブミカンの英語名です。

アジアンテイストでまろやかな味わいが期待できそうです。

2021年9月15日 株式会社フードサービス 36チャンバーズ・オブ・スパイス ルンダン

ルンダンは刺激的な辛さとまろやかさ、さわやかさが調和したカレー

袋をあけるととろみの強いカレーが出てきます。

最後に手羽元もドン!と出てきます。

2021年9月15日 株式会社フードサービス 36チャンバーズ・オブ・スパイス ルンダン

カレーの色は淡い色です。

ココナツミルクのふんわりとした香りを感じます。

具材は鶏肉と玉ねぎのほかにカフィアライム(レモングラス)の葉も見えます。

2021年9月15日 株式会社フードサービス 36チャンバーズ・オブ・スパイス ルンダン

カレーを一口食べると刺激的な辛さが広がります。

ココナッツミルクのまろやかさもあります。

ところどころのカフィアライム(レモングラス)の葉があり、食べるとさわやかな風味が広がります。

鶏肉も食べ応えがありおいしいです。

辛さは強めで、食べた後も舌に刺激がしばらく残ります。

2021年9月15日 株式会社フードサービス 36チャンバーズ・オブ・スパイス ルンダン

カレーの評価

実食日時:2021年9月15日

品名:ルンダン

会社名:フードサービス(36チャンバーズ・オブ・スパイス)

購入価格:699円(北野エース価格)

具材:鶏肉、玉ねぎ、カフィアライム(レモングラス)

とろみ:強いとろみ

表記辛さ:記載なし

判定辛さ:6

(ククレカレー甘口を1とした辛さです、辛さ★1のククレカレー甘口はほとんど辛さがありません)

ルー、ソースのとろみ具合:8

コク、うまみ:7

カレーの旨味とココナッツミルクのまろやかさが調和しています

スパイシーさ:6

カフィアライムやスターアニスの風味がやや強めです

具の量:7

大きい手羽元が入っています

総合評価:7

内容量:180g

カロリー:444kcal

たんぱく質:14.9g

脂質:34.4g

炭水化物:17.7g

食塩相当量:1.6g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

ルンダンは刺激的な辛さとまろやかさ、さわやかさが調和したカレーです。

初めは刺激的な辛さを感じますが、後からココナッツミルクのまろやかさも広がります。

レモングラスの爽快感もあり、辛さとなじみます。

ただし辛さは強めで最後まで舌に残る辛さです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました