兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー(MCC食品)【レトルト】

レトルトカレー

(2021年3月12日作成)

 

今回はMCC食品の

「兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー」をいただきました。

救助隊員のカレーとは想像がつきませんが、果たしてどのようなカレーだったのでしょうか。

兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレーは温めても常温でもいただけるカレー

「兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー」のパッケージです。

青色のパッケージで、背景には兵庫県の地図が描かれています。

品名の下には「化学調味料・肉類・小麦粉は使用していません」と記載があります。

また、その下には「加熱できない場合でもそのままお召し上がりいただけます」と記載があります。

災害隊員のためのカレーなので、災害時にお湯がつかえないときでも食べることができるように作られているようです。

消防隊カレー 神戸の消防隊員が愛する味と同じく、味に関する情報はパッケージの表には記載されていません。

2021年3月2日 MCC食品 兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー

裏面です。

消防隊カレー 神戸の消防隊員が愛する味と同じ感じで、「兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー」の説明が記載されています。

「「災害時にも本当に美味しいものを食べて元気になってほしい」という想いから、阪神淡路大震災を経験した兵庫県警察と神戸のエムシーシー食品株式会社がコラボレーションしました。救助隊員の声を聞き、温めてもそのままでもおいしく、子供から大人まで幅広い年齢層の方々にお召し上がりいただける、じゃがいもとにんじんがごろごろと入った辛さ控えめのカレーを作りました。この商品が一人でも多くの方の目に触れ、防災意識の向上につながることを願っています。」

その下には「率先避難」として、非難するときに率先して非難すると周囲も非難してたくさんの方が助かるというようなことが記載されています。

災害救助隊員のカレーにふさわしい記載です。

原材料欄は側面に記載があります。

野菜はじゃがいも、にんじん、たまねぎが入っています。

カレーの味を出すのにはカレー粉のほかにトマトペーストやチャツネなどが使われています。

2021年3月2日 MCC食品 兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー

兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレーは大きな具で甘旨いカレー

袋をあけるとややトロトロとしたカレーが出てきます。

最後ににんじんやじゃがいもがゴロゴロと出てきます。

2021年3月2日 MCC食品 兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー

カレーの色はやや薄い色です。

じゃがいもやにんじんは大きくカットされたものが入っています。

2021年3月2日 MCC食品 兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー

カレーを一口食べるとチャツネの甘味が広がります。

カレーの旨みがあとから広がります。

カレーはチャツネの甘さがやや強めに出ています。

にんじんやじゃがいもは大きくて食べごたえがあります。

辛さはほとんどない甘旨いカレーです。

2021年3月2日 MCC食品 兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー

カレーの評価

実食日時:2021年3月2日

品名:兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレー

会社名:MCC食品

購入価格:300円(北野エース価格)

具材:じゃがいも、にんじん

とろみ:ややトロトロ

表記辛さ:2/5

判定辛さ:1

(ククレカレー甘口を1とした辛さです)

ルー、ソースのとろみ具合:7

コク、うまみ:7

カレーに旨みがあります

スパイシーさ:1

スパイス感はありません

具の量:7

じゃがいも、にんじんが入っています

総合評価:7

内容量:200g

カロリー:166kcal

たんぱく質:2.0g

脂質:7.2g

炭水化物:23.2g

食塩相当量:2.3g

ご飯:コストコ 有機カリフラワーライス

まとめ

兵庫県警察 災害と闘う救助隊員のカレーは甘旨く食べやすいカレーです。

具材も大きなじゃがいもやにんじんが入っていて、食べ応えがあります。

あたためてもいただけますが常温でもいただけるようになっているので、いざというときのために備えておいてもよいカレーだと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました