ボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレー(大塚食品)【レトルト】

レトルトカレー

(2020年8月20日作成)

今回はボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレーをいただきました。

ボンカレーゴールドの高級版のボンカレーグランですがどのようなカレーだったのでしょうか。

ボンカレーグランのバターチキンカレーは箱も分厚く食べ応えがありそう

ボンカレーグラン バターチキンカレーのパッケージです。

ロゴの上にはバターチキンカレー、下にはクミンやカルダモン、コリアンダーやマスタードなどのスパイスが写っています。

上に写っているバターチキンカレーは鶏肉が大きいです。

箱は分厚く、大きな鶏肉が入っているカレーが期待できます。

右上には「芳醇なスパイスの香りと億f会バターのコク、完熟トマトの旨み」と記載があります。

2020年8月20日 大塚食品 ボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレー

裏面です。

右上にバターチキンカレーの説明が記載されています。

スパイス香るバターチキンカレーとして、「鶏肉とあめ色になるまで炒めた玉ねぎにバターを加えてじっくりと煮込みました。完熟トマトの旨味を引き立てるあるだ門の風味が爽やかなクセになるバターチキンカレーです」と記載があります。

原材料は箱の側面に記載されています。

トマトペーストやクリーム、バター、カシューナッツペーストなどバターチキンの基本的な材料が入っています。

特別変わった材料は入っていません。

2020年8月20日 大塚食品 ボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレー

ボンカレーグランのバターチキンカレーはトマトとバターのうまみが楽しめるカレー

袋からあけるとトロトロとしたカレーが出てきます。

鶏肉も途中から出てきます。

2020年8月20日 大塚食品 ボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレー

カレーの色はバターチキンカレーにしては赤身が強いです。

鶏肉はやや大きめです。

2020年8月20日 大塚食品 ボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレー

カレーを一口食べるとトマトとバターのコクと旨みが広がります。

鶏肉は大きめで柔らかく煮込んであり、トマトとバターの旨みと合います。

クミンやカルダモンの香るがふわりと香ります。

辛さがじわりと後からやってきます。

辛さはピリッとはしますが、それほど強い辛さではありません。

トマトとバターのうまみが強いカレーです。

2020年8月20日 大塚食品 ボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレー

カレーの評価

実食日時:2020年8月20日

品名:ボンカレーグラン スパイス香るバターチキンカレー

会社名:大塚食品(マルハマ食品)

購入価格:400円(北野エース価格)

具材:鶏肉

とろみ:トロトロ

表記辛さ:中辛

判定辛さ:4

(ククレカレー甘口を1とした辛さです)

ルー、ソースのとろみ具合:6

コク、うまみ:7

トマトとバターのコクと旨みがあります

スパイシーさ:3

クミンとコリアンダーの香りがふわりと香ります。

具の量:7

大きめの鶏肉が入っています

総合評価:7

内容量:200g

カロリー:218キロカロリー

たんぱく質:13.6g

脂質:11.8g

炭水化物:15.6g

糖質:13.6g

食物繊維:2.6

食塩相当量:2.3g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

ボンカレーグランのバターチキンカレーはトマトとバターのうまみ推しのカレーでした。

スパイス感を抑えてコクとまろやかさと旨みが楽しめるカレーです。

鶏肉も大きめで食べ応えのあるカレーです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました