源流花園黒豚カレー(エムアイフードスタイル)【レトルト】

レトルトカレー

(2020年7月25日作成)

今回は源流花園黒豚カレーをいただきました。

埼玉産の花園黒豚をカレー煮入れたようですが、どのようなカレーだったのでしょうか。

源流花園黒豚カレーは埼玉の歴史ある花園黒豚を使用

源流花園黒豚カレーのパッケージです。

縦書きのロゴの下には、大きくカレーが写っています。

ロゴの間に「花園黒豚のコクと旨みを活かした、口あたりがマイルドなカレー」との岸あがあります。

花園黒豚は埼玉の深谷産の黒豚です。

関越自動車道の花園インターチェンジに位置する旧埼玉県花園町(現深谷市)で飼育が始まりました。

イギリス原産の黒豚(バークシャー種)を花園の地で飼育してから100年以上の歴史を誇ります。

秩父連山を望む、荒川の清流の畔で花園黒豚は育てられ、現在の日本の黒豚のおおもとと言っても過言ではないとHPでは伝えています。

2020年7月25日 エムアイフードスタイル 源流花園黒豚カレー

裏面です。

源流花園黒豚カレーの説明が記載されています。

「柔らかな肉質、独特の食感とほのかな甘みをもつ花園黒豚。スパイシーでまろやかな味わいのカレーソースは、黒豚内のコクと旨みをかもしだした、味わい深いポークカレーです。」と記載があります。

カレーソースと花園黒豚の調和が期待できそうです。

原材料には生クリームやラードなどコクの出そうな材料が入っています。

2020年7月25日 エムアイフードスタイル 源流花園黒豚カレー

源流花園黒豚カレーは具沢山で食べ応えがあり

袋からあけるとトロトロとしたカレーが出てきます。

途中から黒豚肉をはじめとした具材も多く出てきます。

2020年7月25日 エムアイフードスタイル 源流花園黒豚カレー

カレーの色は普通の濃さです。

黒豚肉のほかに、にんじんやじゃがいも、玉ねぎも入っています。

2020年7月25日 エムアイフードスタイル 源流花園黒豚カレー

カレーを一口食べるとルーのコクやうまみ、まろやかさが広がります。

花園黒豚の豚肉は食べ応えがあり、噛むとうまみが出ます。

じゃがいもやにんじんも溶けずに残っていて、豚肉と食べるとおいしいです。

カレールーは豚肉の旨みを引き出すよう主張しすぎない味になっており、辛さもあまりなく食べやすいです。

2020年7月25日 エムアイフードスタイル 源流花園黒豚カレー

カレーの評価

実食日時:2020年7月25日

品名:源流花園黒豚カレー

会社名:エムアイフードスタイル

購入価格:380円(楽天市場価格)

具材:豚肉、じゃがいも、にんじん、たまねぎ

とろみ:トロトロ

表記辛さ:中辛

判定辛さ:2

(ククレカレー甘口を1とした辛さです)

ルー、ソースのとろみ具合:5

コク、うまみ:7

豚肉のうまみを感じるルーです

スパイシーさ:1

スパイス感はありません

具の量:8

たくさんの豚肉をはじめ、じゃがいも、にんじん、たまねぎが入っています

総合評価:7

内容量:200g

カロリー:166キロカロリー

たんぱく質:7.7g

脂質:7.3g

炭水化物:17.4g

食塩相当量:2.4g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

源流花園黒豚カレーはおいしい豚肉と、豚肉にマッチしたルーの相乗効果で味のバランスが良いカレーです。

じゃがいもやにんじんもたくさん入って具たくさんで食べ応えがあります。

辛さも強くはないので食べやすいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました