エチオピアビーフカリー激辛(MCC食品)【レトルト】

レトルトカレー

(2020年7月4日作成)

今回はエチオピアビーフカレー激辛をいただきました。

カレーの専門店としてよくその名を聞くエチオピア。

前回いただいたエチオピアビーフカリーでもかなりの辛さでしたが、今回の激辛はどのようなカレーだったのでしょうか。

エチオピアビーフカリー激辛のパッケージはほんとに辛そう

エチオピアビーフカレー激辛のパッケージです。

エチオピアのお店と、カレーが載っています。

説明書きにはエチオピアビーフカリーとの違いはありません。

厳選スパイス使用の横に、激辛 お店での辛さ10倍相当と記載されています。

エチオピアビーフカリーが辛さ2倍相当だったので、相当辛いことが予想されます。

2020年7月4日 MCC食品 エチオピアビーフカリー激辛

裏面です。

エチオピアのお店の紹介が記載されています。

エチオピアは昭和63年(1988年)に古書の町神田にオープン。

エチオピアのン前の由来は、創業当時メニューに掲げていた「エチオピアコーヒー」が評判が良かったからとのことです。

この記載内容もエチオピアビーフカリーと同じです。

原材料にもエチオピアビーフカリーと同じく特に変わった材料は入っていません。

エチオピアビーフカリーとの差は、香辛料の中の唐辛子の量が増えているのでしょうか。

2020年7月4日 MCC食品 エチオピアビーフカリー激辛

エチオピアビーフカリー激辛はほんとに辛いカレー

袋からあけるとややサラサラのカレーが出てきます。

粒々になった野菜や玉ねぎも一緒に出てきます。

最後にはやや大きくカットされた牛肉が出てきます。

2020年7月4日 MCC食品 エチオピアビーフカリー激辛

カレーの色は濃厚な茶色のカレーです。

エチオピアビーフカリーよりは少し赤みがかかっているような感じです。

近づくと粒々感が引き立ちます。

2020年7月4日 MCC食品 エチオピアビーフカリー激辛

カレーを一口食べるとビシッと強い辛さが口の中全体に広がります。

辛さはどんどん増してゆく、口の中がヒリヒリしてきます。

水が欲しいところですが、ぐっと我慢してご飯を食べます。

少しずつ食べていると、やや慣れたころにカレーの甘みを感じます。

でも辛いのが舌に残っているので強烈な辛さです。

牛肉はエチオピアビーフカリーと同じく、下処理がしてあります。

食べるとほろほろと崩れるとともに、うまみが出てきます。

でも辛さが強すぎてすぐにかき消されてしまいます。

ほんと辛いので、チャレンジ精神旺盛な方向けです。

2020年7月4日 MCC食品 エチオピアビーフカリー激辛

 

カレーの評価

実食日時:2020年7月4日

品名:エチオピアビーフカリー激辛

会社名:MCC食品

購入価格:328円(セブンイレブン価格)

具材:牛肉

とろみ:ややサラサラ

表記辛さ:激辛

判定辛さ:10

(ククレカレー甘口を1とした辛さです)

ルー、ソースのとろみ具合:5

コク、うまみ:6

玉ねぎとブイヨンのうまみがあります

スパイシーさ:2

スパイシーさはほとんどありません

具の量:6

牛肉が入っています

総合評価:7

内容量:200g

カロリー:219キロカロリー

たんぱく質:11.2g

脂質:11.0g

炭水化物:18.8g

食塩相当量:2.7g

ご飯:マックスバリュー お米の代わりに食べるカリフラワー

まとめ

エチオピアビーフカリー激辛はほんとに辛いです。

食べた後も辛さが口の中に残ります。

しかし、カレーの甘みと旨み、お肉のうまみもありますので、ほんとうに辛いもの好きでチャレンジャーな人は楽しめると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました